ステップ数から回帰式で工数を算出する

マネジメントマネジメント

この記事の内容

想定ステップ数から、回帰式を用いて工数を算出する方法を記載します。

見積する際に、ステップ数から工数を見積もることがよくあるかと思います。

全てが当てはまるとは言えませんが、ステップ数からおおよその工数を見積もることができます。ここでは回帰式を用いて計算をします。

この回帰式は、IPAのソフトウェア開発データ白書 2018-2019を参考にしています。多くのプロジェクトから得られた情報から、各係数が導かれています。

ステップ数から、開発5工程(基本設計、詳細設計、製作、結合テスト、総合テスト)の工数(h)を算出します。
回帰式の注意はソフトウェア開発データ白書に記載がありますので、ご覧ください。

「ソフトウェア開発データ白書」のダウンロード:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

計算フォームのリンクから、SLOCを入力すると、工数を算出することができます。

全開発種別

(工数) = A × (SLOC規模)^B、A=12.8、B=0.64、R=0.80

※ Rは相関係数。

ソフトウェア開発データ白書 2018-2019より

|相関係数R |≧ 0.85:強い関係
0.85 >|相関係数R |≧ 0.70:やや強い関係
|相関係数R |< 0.70:強い関係は認められないが要継続観察

計算フォーム

新規開発

(工数) = A × (SLOC規模)^B、A=4.5、B=0.73、R=0.80

計算フォーム

改良開発

(工数) = A × (SLOC規模)^B、A=20.1、B=0.59、R=0.78

計算フォーム

コメント